診療のご案内

ホーム > 診療のご案内 > 鎮静治療

鎮静治療

精神鎮静法

精神鎮静法

歯科治療に対して、強い不快感や不安感を抱く方に行います。

精神鎮静法を行うと、多少お酒に酔ったような状態になり、不快感や不安がやわらぎます。

また、血圧や血流量などの変動を小さくすることもできますので、安全のため循環器疾患や脳障害をお持ちの方にも行うことがございます。

精神鎮静法は、全身麻酔ではないので、意識がなくなることは決してありません。

鎮静法は、以下の2つの方法があり、いずれも健康保険が適用されます。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

歯科治療の間、鼻から笑気30%、酸素70%程度のガスを吸入していただきます。

鼻にチューブをあてがうだけで行えること、笑気ガスを切れば速やかに、はっきりとした気分に戻れることなどが笑気吸入鎮静法の利点です。

また、吸入ガスの酸素濃度が高いことも、本法の利点と考えています。

これらのことから、当院ではほとんどの場合、笑気吸入鎮静法を選択させていただいております。

診療時間のご案内
  • 医院概要のページはこちら
  • ■JR佐世保線「佐世保駅」より徒歩10分。

    ■市営・西肥バス「福石観音前・変電所入口」で下車、徒歩2分。

  • 特殊歯科診療
  • 鎮静治療
  • 院長挨拶
  • 治療費について
  • ブログ
  • 当院へのご質問など